Blog&column
ブログ・コラム

個人事業主とは

query_builder 2021/10/21
コラム
14
個人事業主として、独立開業できるビジネスとして今注目されている軽貨物運送業。
近年非常に忙しく仕事が豊富にあること、少ない資金で誰でも簡単に独立できるということなどが魅力といえます。
それでは、軽貨物運送業として起業するためにはどんな手続きが必要なのでしょうか。
今回は軽貨物運送業の個人事業主についてまとめてみました。

軽貨物運送業とは
軽バンや軽トラックを使用して、荷物を運送する事業です。
正式名称は「貨物軽自動車運送事業」といいます。
個人事業主として一人で始めることができる運送業です。

▼開業手続き
加盟する運送業者によっては代行してくれる場合もありますが、ここでは個人で手続きを行う場合を説明したいと思います。

①都道府県の運輸支局へと必要書類を届け出る
【貨物軽自動車運送事業経営届出書】
軽貨物運送業を始めることを届け出る書類です。
必要な条件を満たしていることも重要です。

開業に必要な条件
軽貨物車の所有
・営業所、休憩所、車庫の確保

【事業用自動車等連絡書】
使用者となる運送事業者が、輸送・監査部門での申請が完了していることを証明する書類です。
緑ナンバー・黒ナンバーについて登録部門で手続きをする際に必要です。

【車検証】
使用する自動車が新車の場合は諸元表、中古車の場合は車検証の写しが必要です。

【運賃料金表】
依頼を請け負う上で必要な、運賃の記載や付帯業務の料金などを設定します。

②黒ナンバーを車両に取り付ける
事業用自動車等連絡書を提出すると、黒ナンバーと呼ばれる営業用のナンバープレートが発行されます。
この際、自動車保険の会社にナンバープレートが新しくなった旨を伝えてから走行するようにして下さい。

③任意保険に加入する
万が一事故を起こしてしまった場合、自賠責保険だけでは不十分となる場合が多いです。
任意保険は、自分の身体・車両・相手の車両・対物の破損も補償対象です。
また、貨物保険にも加入しておいた方が安心でしょう。
貨物保険は、荷物の所有者に対する損害賠償のための保険です。

軽貨物運送業を成功させる秘訣
誰にでも始められる軽貨物運送業ですが、誰でも簡単に楽をしてお金を稼げる仕事という意味ではありません。
頑張った分だけ稼ぐことができるということは、言い換えれば頑張らなければ収入はないということでもあります。
大切なのは、この仕事で成功するんだという覚悟や・強い意志・家族の協力です。
そんな前向きな気持ちを持った人なら、必ず成功できるのが軽貨物運送業なのです。

▼まとめ
軽貨物運送業の個人事業主は、個人の裁量ですべてを決めることができ懸命に働いた分だけ高収入を得やすいことが人気の理由です。
しかし現在、荷物量は増えているにもかかわらずドライバーが不足しているのも事実です。
軽貨物運送業に興味があり、チャレンジしたいと思われている方は独立開業するには絶好のチャンスかもしれません。

「株式会社飛鳥」は、確かな実績があり依頼の量も多いため、自分のやる気次第で安定して稼げる環境が整っております。
軽貨物ドライバー求人をお探しでしたら、お電話かフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW

  • 綾瀬市で宅配軽貨物で独立されたい方の御用命を承って居ります。

    query_builder 2021/09/14
  • 運送の労働時間に決まりはあるの?

    query_builder 2022/01/08
  • 運送と配送の違いについて

    query_builder 2022/01/01

CATEGORY

ARCHIVE